“誠実で地味な勤め人をエロく開発していくやりがいを味わう”

“実直で地味な勤め人と出会い系サイトで知り合い、エロく開発していくという楽しいPCMAX感想を見つけました。この方も書いていますが、やっぱり出会い系サイト経由での鉢合わせというのは、相手方がどんなことを望んでいるのかどいうことも事前に聞き易いので、すぐにエロい脈絡に発展していくのでいいんですよね。≪PCMAX感想・神奈川県内パパ(40年代)≫主人と出会ってセックスするのは2回まぶただが、今回はさらにエロいセックスが狙うなぁとしていた。旅館に着き少々休憩した直後、便所から出て来た主人を脱衣点で待ち伏せしたこちらは、主人を抱き上げて専ら洗面机の上に座らせた。抱き上げられた機会、主人はちょい驚いた様子でしたが、こちらが主人の上着を捲り上げ、胸を愛撫しながらスカートの中に方法を入れると、すぐに合計を受け入れて喘ぎ始めた。パンティーの中に方法を入れ、今やびしょびしょになったアソコで指を力強く動き始めると、カラダを凄まじく揺さぶりながら見解を出して感じ始めました。湯船部屋の扉はそのままの状態で開いていたので、その喘ぎ見解は湯船部屋の中でいやらしくこだましていたのがどんどん熱狂をかき立てました。主人の股間からピチャピチャノイズをさせながら、人差し指と中指を膣の中に入れて凄まじくかき回すと、主人の身体に技量が入り、膣がキュッと締まった。それからすぐに「あっ、禁忌っ、イッちゃう!」と叫んでイってしまいました。この時に主人が発していた、いやー!とかダメー!という言葉づかいは、本当のイヤではなかったらしい。だって戦いもしなかったし、イッた後は甘えてキスもおねだりしてきたから。キスをしている時もこちらの方法は主人のパンティーの中に入れたままで、膣のきっかけやクリトリス周りをゆっくりと愛撫していました。すると主人はちょいちょい身体をピクピクさせながら感じ、舌を著しく絡ませて来ました。キスは五当たりくらい続き、主人の身体が落ち着いた点で、こちらはまたふたたび主人の膣に指を入れて行きました。ベタベタの主人のアソコに、人差し指、中指、今回は薬指も入れ、三文献の指で膣間を手厚く責め始めました。すると主人は甚だしく気持ち良さみたいに感じ始めて、段々と凄くはしたない表情になってきました。実直そうなイメージの主人の顔付きがいやらしく歪んでいく機会というのは、本当にエロかったです。主人なほんとに地味な感じの勤め人なんですよね。こちらはどさくさにおいて、愛情液が流れて行っている主人のアナルにも小指を入れてみました。すると主人は、「あっ、そこは禁忌!と言って少々手で戦いしましたが、膣間の三文献の指を酷く動かすと、抵抗していた方法の技量は弱まり、徒歩は著しく広がってまたすぐにイっちゃいました。今回は抵抗して来たので本当のいやー!だったかも知れないとして主人に謝ってみました。すると主人は、なぞ謝られると気まずいよ、だってイっちゃったもん、と恥ずかしそうに言いました。膣間を三文献の指、一気に小指でアナルを責められるというのは、まんざらでも無かったみたいですね。アナルも愛情液で結構濡れてたから、極めて痛くは無かったようです。主人も最新快楽にどんどん貪欲になってきているようなので、ようやく再度エロいレクレーションを二人で開発していくことになりそうです。むしろ出会い系サイトでの鉢合わせというのは、すぐにこうした脈絡になれるのでいいんですよね。”

“誠実で地味な勤め人をエロく開発していくやりがいを味わう”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です