“医院の火急道筋で妊婦と騎乗位でセックスした非日常評定”

“如何にも出会い系サイトでの遭遇&セックスという感じのレビューを見つけました。医院の火急プロセスで妊婦とセックスするという実例など、出会い系サイトを使わなければ絶対に経験することはできなかったでしょうね。その非日常極まりないときのセックスは、断じて興奮して気持ちよかっただろうなぁと想像行なう。その不思議な感じのレビューを何とか読んで下さい。≪PCMAXレビュー・千葉県内男性(44年)≫長く出会い系サイトとしてきましたが、特別セクシーくて変わった実例は次のような商品でした。こちらは思い切り単独周遊をするのですが、ゴールでPCMAXとして地元のギャルとエッチすることに一時期はまっていました。その当時の話です。ある日の昼過ぎ4中位、PCMAX掲示板に書き込んで様子を伺っていると、2スパン後にメールアドレスが1体制届きました。「上越で逢いませんか?」といった内容でした。返信すると、「では上越○○医院で逢いましょう。時間は昼過ぎ10中でお願いします」というメールアドレスに、ダイレクト電ナンバーも合わせて書かれていました。まぁここまでは普通の流れですよね。そして10中前に医院のモータープールに着き、電話すると医院から女性が出てきました。ナースが夜勤ときのブレイクタイムにムラムラした中、こんな感じで出会い系サイトとして色欲を満たす、という逸話は聞いた事があったので、こういう模型なのかなぁと期待していると、そこに現れたのはナースではなく、でかいマスクをした妊婦だったんです。亭主は、メールアドレスでは色々やり取りしていたのに、実に会うと絶えず無言というニュアンスでした。そして亭主の後を付いて行くと、医院の火急プロセスの最上階に連れて壊れました。そこに着くやいなや、私のブリーフを下ろして、おちん○んをウエットティッシュで拭き、口に含んできつくフェラしてくるんです。こういう情況は異様に興奮しましたね。そしてアソコがビンビンになると、スカートを捲り、パンティを脱ぎ、後ろを向いて「入れて」と言うのです。亭主のアソコに生で導入、突き上げると「待って、少しつらいから」と言い、「ここに寝て」と言われて亭主が騎乗そばになると、一心不乱に自己熱く腰を振り続けていた。暗闇に映る亭主のあえぎ音を押し殺そうとしている風貌を見ていると妙に興奮して、根気出来ず「あぁ、いよいよ出ちゃうよ」と言うと、「出して」というので、亭主の中に単に射精。そして亭主は「じゃあね」と言うと、流れる精子も気にかけず、丸々パンティを上げて医院の中に消えて行った。それは何だったのか依然よく分からないんですが、異様に興奮して最高に気持ちよかったセックスの一つですね。”

“医院の火急道筋で妊婦と騎乗位でセックスした非日常評定”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です