“出会い系サイトでの触れ合いに救われたと語る人妻の思い出”

“40年代人妻のPCMAX評価です。出会い系サイトで出会った個人との歳月だけは女房ではなくて自力の女性に戻る事ができる。その瞬間だけが生きてる実感を感じ取れる。こんな切実で期待の詰まった評価でした。でもそんな感じの評価を書いている人妻は今まで何人も見かけました。あまりカップル生活に痛手を感じてる人妻が多いに関してなんでしょうね。出会い系サイトでのコンタクトが、そういう一生の痛手を暫時でも忘れることができるのであれば、それは素敵なときなんじゃないかと、こういう評価を読んでいて思いました。≪PCMAX評価・新潟県内女の子(40年代)≫今までMAXでは色んなコンタクトを経験してきた。出会って即セックス、そしてそちらっきりになった個人も何人もいた。セックスしたくなった期間だけお互い連絡をとって、飯やお茶もせずセックスだけしてサヨウナラ、というセフレも何人もいた。でも今はセフレよりも、シンデレラみたいに歳月の監視は有るけれど2人の歳月を楽しめるような客がいいと思える。MAXにおける瞬間、顧客と会っている間は女房ではなくひとりの女性として顧客とのコンタクトを純粋に楽しみたい。今の家計の中で、唯一、生きてる実感を感じ取れる暫時かもしれない。業務の帰路、ほんの時給という短い時間のコーヒー時刻であっても、握りこぶしを繋いで色んな話をして、キスを交わしたい。続きは一心に時間のある期間で我慢するから。会えないときは顧客を思いながらログなんて書いてみたりするのも習慣になってきた。そんな女房に戻れる歳月をくれる顧客が大好きです。顧客に出会って救われたような気がします。すでにセフレは作らないからね(笑)”

“出会い系サイトでの触れ合いに救われたと語る人妻の思い出”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です